検索

 九重山  SL  2009年2月1日(日) 18:40
[修正]
Takemaさんこんばんは。
休養日をはさんで長者原から九重山を目指します。
多少の雨や雪も覚悟でしたが、朝はなんとかくもり。
カッパを着て歩きます。
すがもり越という小さな峠の手前に硫黄山という立入禁止の噴気帯があります。
「ここに野湯がある」と聞いてはいましたが、最初からやる気なし。
しかし、どう道を間違えたのか、硫黄取りの作業道に突っ込んでました。
「こいつはマジでヤバイ」とか思いつつも、一応湯の湧く音や流れる音がしないか確認。
見たところ、聞いたところ無いのでさっさと退散。ガレ場を直登してまで探すつもりもないので。
すがもり越を越えて北千里浜という原っぱに出てしばらく水平歩きをすると、いよいよアイゼン装着、アイスバーンの急登が始まります。
ついでに雨が降り出し、霧も濃い。平日で誰もおらず、精神面ではかなりつらい場面でした。
なんとか連山最高峰の中岳に立ちますが、展望は全くナシ。
地図とコンパスで、見える山の地図合わせなど当然できず、方向感覚に一抹の不安を抱えて法華院温泉に下りると思われる急坂へ。
こちら側はなぜか岩にペイントなどなく、さらに不安をあおりますが、ある程度下りたらペイントが現れました。
これまたなんとか法華院温泉にたどり着き、風呂に入らせてもらいました。
道中寒さを感じることはほとんどありませんでしたが、湯の熱さが「相当にしみるかんじ」でしたので、そこそこ身体は冷えていたのでしょう。
ここは山小屋というよりは、そこそこ豪華な民宿の風情です。やはり一泊して贅沢な気分を味わいたいところですが、時間とお金に余裕はないので下山します。
その後、また筌の口第二温泉へ。「使い勝手のいい共同浴場を」と思ったら、たまたまここでした(笑)


   machikane  2009年2月4日(水) 0:05 [修正]
SLさん、こんばんは。ご無沙汰しております。

アクティブな九州縦貫山めぐりですね〜。
筌の口第二温泉は濃い湯ですよね。
いいですね〜。九重辺りは最近行ってないなぁ。
最近は浅間山も元気に噴火、桜島も噴火。
全国的に景気は非常に落ち込んでいますが、
全国的に火山が活発化していますね。
景気もホットになってくれればいいのですが。( ̄- ̄;)
ちなみに下のポリバスは港のすぐ近くの病院の
オーバーフローという説を聞いたことがあります。

Takemaさん
砂浜を掘ると源泉、ありますね〜♪
もし九州へ行かれるときにはご連絡ください。
九州大好きですから、ヘルプ大歓迎です♪

   Takema  2009年2月4日(水) 18:46 [修正]
SLさん>

>「ここに野湯がある」と聞いてはいましたが、最初からやる気なし。
>しかし、どう道を間違えたのか、硫黄取りの作業道に突っ込んでました。

やはり「頭ではわかっていても身体は正直」というところですね(笑)。
それにしても初めての山でガスられると心配になりますよね。
自分が今どのへんにいるのか、今だったら高度計がありますから
地図を見ながら行けばだいたいの見当は付きますが
(あ、今はポータブルGPSもあるのか。わたしには縁がありませんが)、
その昔沢登りをやっていた頃などは、まさに山勘で
「たぶんこのブッシュを強行突破すれば幸せが待っている(はずだ)」
と信じてガスの中を詰めていきましたっけ。

自分が山に夢中だった頃「温泉」はほぼ眼中にありませんでしたが、
今考えるともったいなかったなぁと思います。
でもその一方で「温泉にはまっていたら山も中途半端になったかも
知れないからこれで良かったのかも?」とも思います。
ちなみにわたしを山から遠ざけたのは間違いなくバイク免許の取得ですね。(苦笑)。

machikaneさん>

>全国的に火山が活発化していますね。

そのおかげか何かで冷鉱泉の温度が上がれば嬉しいのですが、
問題は現在の適温湯が激熱湯に、現在の激熱湯は沸騰して水蒸気に?(笑)。
なかなかうまくいかないものであります。
再就職の方もこのご時世ゆえ大変でしょうが頑張って下さいね。

そういえば

>近くの病院のオーバーフロー

茨城にも確かそんなのがあったような?
どこかにメモしたと思うんですが、メモごと行方不明(苦笑)。

 祖母山と阿蘇山  SL  2009年1月30日(金) 22:59
[修正]
Takemaさんこんばんは。
九州三日目は、まず祖母山を目指しました。
夜明け前からライト点灯。しかし、いきなり沢に出くわして方向を見失ったり、樵道もやたらと多くて閉口・・。
ようやく正しい道に入って標高を上げると最大膝上までのラッセル。
これをやってる間にまた道をロストしましたが、ピークも見えていたので無理矢理直登。なんとか山頂に立ちました。
下山して、阿蘇の東ロープウェイへクルマを走らせます。
中岳、高岳への最短ルートです。
中岳から見る火口は激しく湯煙を上げております。
高岳からは、まだ時間があったのでロープウェイを真横に見る仙酔尾根を下りました。
九州は関東より日没が遅く(当たり前か)、強行軍でも日没前に行動終了です。
ちなみにその夜のニュースで、火口の中では活動が活発になっている証でもある火炎という現象が観測されてました。
登山禁止くらいならいいのですが、山に入って火山弾に見舞われるのは勘弁です(^-^;

   Takema  2009年1月31日(土) 21:31 [修正]
夜明け前から日没ぎりぎりまでの強行軍とは‥。樵道という呼び方も
もうずっと前に聞いて以来久々に目にしました。感服いたします。

でも、

>中岳から見る火口は激しく湯煙を上げております。

これって「湯煙」ぢゃーないんじゃありませんか(妙なところにツッコム)。

それはともかく、阿蘇に限らずどうも西日本方面の火山活動が活発に
なっているんでしょうか?口永良部あたりも?

   SL  2009年1月31日(土) 22:59 [修正]
強行軍は翌日の予報が雨だったからですが、やっぱり雨。
特別疲れてるわけではありませんでしたが、休養を決め込んで筌の口第二温泉震動の湯へ。
一昨年行ったときには休業中で玉砕してましたが、午後一からということで営業再開中とのこと。二時間は待つようでしたが、待つ価値はあると車内で本を読みながら待機。
開店20分前に店主が「お湯入ったよ」と声をかけてくれました。
細かいことは書きません。いいお湯でございました(^-^)
ちなみに、阿蘇の火口の火炎現象ですが、どうやって測定したのか399℃らしいです。
西日本全体の火山とどうリンクしているかは不明です。

   Takema  2009年2月1日(日) 16:31 [修正]
これまでほとんど行ったことがないせいで、九州の温泉は
名前を言われても全く場所がわかりません。
一度でも行こうとして下調べをすれば随分違うんでしょうが‥。

お湯が良ければ2時間待ちも辞さないとはさすが。
わたしだったら「その間にどこか行かれるところはないか」と
ついつい考えてしまいます。だからいつでも強行軍なんです(苦笑)。

 お久しぶりです  A.Y  2009年1月29日(木) 2:29  Mail
[修正]
Takemaさん
おひさしぶりです!ご無沙汰の投稿になります。

いきなり(A.Y)と言われても分からないと思いますが、
西船の居酒屋のおじさんです。先日は有難うございました。
当店のミャンマー君にTakemaさんミヤンマー編を見せてあげようと思っています。もう10年近く帰っていないのできっと懐かしがり喜ぶと思います。
次回の御来店の時に面白い話を聞かせてあげて下さい。

では、失礼いたします。

   Takema  2009年1月29日(木) 21:59 [修正]
やまださん、先日はありがとうございました。
帰宅後おしんこどんに軽く怒られまして(笑)、
今度は同伴で行きたいなと思っていますのでよろしくお願いいたします。

拙サイトの内容でよろしければミャンマーくんに是非見せてあげて下さい。
それなりにTakemaの意見が綴られたページもありますので、
そのページでは画像だけじゃなくて文章も読んであげて下さい。
彼にとっては一番気に掛かることだと思いますので‥。

   A.Y  2009年1月30日(金) 0:53  Mail [修正]
Takemaさん
返信有難うございます!今日、早速ミャンマー君にミャンマー編を見せて
あげました所、かなり真剣に見ていまして、かなり喜んでいました。と同時にサイトの豊富さにビックリして、凄いですねと驚いて目が丸々状態でした!!

では、次回のおしんこ奥様とのご来店、ミャンマー君共々お待ちしています。
PS: タイ編アップも楽しみにしています。

では、失礼致します。
                       A.Y

   Takema  2009年1月30日(金) 21:40 [修正]
見て下さいましたか!

自分もあのあと「ミャンマー編」ってどんなこと書いてたっけ?と
あらためてじっくり読みなおしてみたら、何だかしみじみしました(笑)。

ちなみにあの頃の文章のほうがおふざけが結構入っていて、
読み物としても面白いのにビックリ。最近の更新分にはない読み応えが
あるなと反省した次第です。

何だかまたミャンマーに行ってみたくなりました。
ティーボーの温泉リベンジもあるし?
次回おじゃまするときは「地球の歩き方ミャンマー編」を持参して、
ミャンマーさんといろいろお話ししてみたいと思います。
下手すりゃタイ編ではなくミャンマー編Part2になるのでしょうか?(笑)。

 楽しみです!!!  A.Y  2009年1月31日(土) 1:05  Mail [修正]
Takemaさん

またまた、返信してしまいました。

(下手すりゃタイ編ではなくミャンマー編Part2になるのでしょうか?(笑)。)
私、一人で(笑 笑 笑)状態です!

とにかくどちらになっても、楽しみにアップをお待ちしています。

では、失礼致します。
                        AY

   Takema  2009年1月31日(土) 21:25 [修正]
ありがとうございます!

考えてみればおしんこどんはミャンマーに行っていないし、
特に北部はマンダレー以北に行ってもいませんし、
ちょっと興味があります。

そんなことで出来れば近いうちにおじゃましますね。

 韓国岳  SL  2009年1月30日(金) 15:00
[修正]
Takemaさんお疲れ様です。
九州二座目は韓国岳。登山口は開聞岳の標高よりも高いえびの高原。かなり寒く、登っていくとやっぱりアイスバーンだし、風もかなり強く吹いてました。
道そのものは楽勝でしたが、写真を撮ろうと携帯を開くと風でたたまれてしまうほどでした(^-^;
写真は山頂付近から見た高千穂峰。
もうひとつは県道から見えた湯煙の正体。見学のみでしたが、服を置く場所を工夫すればアビれます。たぶん・・(^-^;





   Takema  2009年1月30日(金) 21:48 [修正]
おおー、いい天気ではないですか!

強風については時期柄ある程度はやむを得ないと思いますが、
南国とはいえこの時期ですから耳のあたりがかなり凍えたのではないでしょうか?

湯煙については、いざ行ってみたらぬるくて「修行僧」になる可能性は
ないでしょうか?何せ寒いですからねー(笑)。

自分はこの前福島の湯の花温泉に泊まってきました。
よーく冷えてはいましたが、路面は完全に雪なしの乾燥路でした。
あれならバイクでも行かれた?(笑)。
でも朝9時でも-10℃以下でしたから、いくら走れるとはいっても
やっぱり走りたくはないなー(大笑)。

そのレポートとアフリカ編の追加分をまもなくアップ予定です。
でも今日じゃないですけれど(あと2P作らなきゃ)。

   SL  2009年1月30日(金) 22:28 [修正]
垂れ流しですが、さわってないのでなんとも言えません。
前後の温泉施設の湯のパワーから、それに追随するものと勝手に想像しました。
湯の花温泉・・かなり渋いところですね!
この季節に行くのもオツだと思います。いいなぁ雪見風呂・・。

   Takema  2009年1月30日(金) 22:38 [修正]
でもそうなると「まずは探索しなければ気が済まなくなる」のが
お湯ダーの性(さが)ですよね。自分も「自分で見つけた湯」に
触ってみたいなぁ、たとえそれがネットに出ている湯であっても。

湯の花、ヨカッタです。特にこの時期。
ただし天気が悪くなったら帰ってこられなくなる可能性もありますが(笑)。

 ニセコ  みいまん  2009年1月28日(水) 23:17
[修正]
 こんばんは。週末はニセコへ行ってきました。なにやら一日前は雨だったらしいですが、私が行った日は吹雪き。この時期らしくあまり安定のしない天気でしたが、オフピステもいろいろ滑ったし面白かったです。次回の北海道は2/10夜〜2/11の札幌といった予定です。

 歯が抜けましたか...。私は、ナッシュビル滞在中に詰め物が取れて....帰りの飛行機は顔が変形した状態で乗っていたこともあります。

   Takema  2009年1月29日(木) 21:55 [修正]
みいまんさんこんにちは。

>帰りの飛行機は顔が変形した状態で乗っていた

うわーそれは大変でしたね、帰路の飛行機も長いですから‥
しかも「顔が変形」するような痛みって‥(合掌)。

とりあえず明日新しい差し歯が入ります。
でもそもそも神経のない歯の治療なので、今日も元気に飲んでますが(笑)。

2/19は難しいと思うので、また夏にでも現地集合現地解散ということで
お願いいたしますね。

 開聞岳  SL  2009年1月27日(火) 0:44
[修正]
Takemaさんおばんです。
開聞岳の登山道は一本!それも直登でもなく、ジグザグでもない螺旋を描いて山頂へ。なかなか珍しいかなと。
「くもりのち雨」の予報のため、朝5時からヘッドランプ点灯で登りました。
標高は924mで高くはないですが、事実上海抜0mからの標高差は・・。
下山して着替えてるとポツポツ、あっという間に土砂降りに・・(^-^;

   Takema  2009年1月27日(火) 22:11 [修正]
開聞岳ですかー。

15年近く前のことだと思いますが、屋久島帰りに自分を含めて4人で
この界隈に泊まったとき、自分が予約したにもかかわらず
てっきり国民宿舎だと思いこんでいて、
レセプションに「えー、予約しているTakemaですが」と申し上げたら、
「そのような予約は承っておりませんが」と返されました。

大焦りでメモを見たら「ひらきき荘」でした。
あの「おばば姉妹」は息災なのだろうかと思って検索してみましたが、
何だか20世紀時代のコメントが上位にくる?もしや??


   SL  2009年1月28日(水) 19:11 [修正]
そのお宿をめぐる展開・・他でもなんかやってませんでしたっけ・・??
ちなみに開聞岳は、もともとは「ひらききやま」だったと聞いたような気がします。なるほど、訓読みすればそんなかんじですね。
写真は石油コンビナートの立ち並ぶ、喜入の港にひっそりとある温泉。
わりと有名なわりにはけっこう探しました。
地図にない新しい埋立地の新港まで・・。よく考えれば、こんなところに湧いてるわけもないのですが(^-^;
ようやく見つけて湯気が立っているのを見て「久々のヒットだ」と思いましたが、実測28℃。
入りましたがこの時期長湯は無理。世の中なかなか甘くないです(^-^;
・・しかし、なんのためにこんなものがこんな所に・・?

   Takema  2009年1月29日(木) 21:49 [修正]
28℃ですか、南国鹿児島とはいえこの時期は確かにちょっとキツイですね(笑)。
九州本土については全然詳しくないのですが、確かどこかに「砂浜湧出の源泉」
があるということを聞いた話が?いや指宿や山川じゃなくて、もっと西側に?

ここは「ひっそり」なのですね。
いつか行ってみたいと思いますが‥いつ?(笑)。
やっぱり頭の中で「東高西低」のTakemaであります。

 では  SL  2009年1月16日(金) 19:11
[修正]
これから出ますね〜。

   Takema  2009年1月19日(月) 19:25 [修正]
お返事遅くなりましたが今頃はどのあたりに‥?
関東は今日は春のような暖かさでしたが、この時間になると
北風がピューピュー吹き始めましたです。

   Takema  2009年1月19日(月) 20:03 [修正]
あれあれ、新ページをアップしたと思ったら、途中の1Pを間違って
消してしまったみたい。うーん今から作り直さなきゃ。
bakファイルも上書きされてしまったみたいなので一からだな(悲)。

   Takema  2009年1月19日(月) 22:35 [修正]
やっと修正しました。

ここまでの時間を考えると「Takemaの1P作成」には約1.5hかかっていると
いうことが判明。えーっと、1000Pをはるかに超えているんですがー(苦笑)。

ま、もうすぐ10年だしね♪

   SL  2009年1月24日(土) 10:23 [修正]
Takemaさんおはようございます。
ゆうべは足柄で時間調整の後、ナビの目的地を東京料金所にセット、0時10分到着見込みと表示。それでも72Km/hの設定ですからメーター読み95Km/hをキープして0時03分にゲート通過!
これが4分早いと倍の20800円ですからねぇ(^-^;
「この時間なら環八も空いてるだろう」と思ったものの、工事渋滞。でも流れがわるいのはそれだけではなく、電車のホワイトボディを積んだ超ロングのポールトレーラが誘導車にはさまれて進行中でした。
・・何メートル?最後端ミラーで見えないんじゃ・・?
とはいえ、1時半に無事帰宅いたしました。
レポはそのうちに・・。

   Takema  2009年1月25日(日) 23:06 [修正]
足かけ9日間の旅、お疲れさまでした。そのトータル走行距離には驚くばかりです。

0:03は絶妙ですね。でも手持ちの時計が正しいのか、わたしなら
たぶんビビリが入ってしまいさらにトロトロと行くような気がします。

電車のホワイトボディ?しんかんせん?
そういや深夜に移送するという話を聞いた話がありましたがそうなんですか?

わたしはこの週末湯の花温泉に行っておりました。
これまでバイクで湯端共同湯しか入ったことがなかったんで‥。
石湯はこの時期でも週末は混んでましたが、朝のお食事タイムに
おしんこどんともども「真のあつ湯」を体感してきましたです(笑)。
寒い冬にはこれが一番!(ちなみに今朝は-11℃まで下がったそうです)。

でもこれまで5-6回入ったことがあるであろう木賊の河原湯は
声がしたんでパスし、お隣の井筒屋浴槽自噴湯をタンノーしてきました。

と、もう15年くらい前、バイク初心者の頃に行った記憶のある北温泉にも行ってきました。
賛否両論のありそうな宿のような気もしますが、少なくとも
「あの湯量」に文句を付ける人はだーれもいませんよね。
久々に驚きましたです。

 久米仙に乗りかえ・・  よーへい  2009年1月20日(火) 13:20
[修正]
Takemaさん、こんちは。
なぜかタイミング良く(?)現在私も差し歯治療中でして
来週の治療で一瞬歯っ欠け状態になるんで、写真撮っておこうかと思ってます。

で、2月のスノーモビル合宿も、あとひと月と迫って参りましたが
昨今の厳しい経済情勢下において、ふらふら雪遊びなどまかりならんと
怖い女房に一喝され(嘘です)、向け先をキッパり変えてしまい
3月に久米島なんぞに家族で行くことになりました。
(わたし沖縄方面行ったことないんで、結構ワクワクしてますが・・)
よって、今年もTakema夫妻との雪上訓練は叶わぬこことなってしまいました。
残念ですが、またの機会を!!

   Takema  2009年1月20日(火) 18:44 [修正]
よーへいさんこんにちは。

先週の金曜日に本格仮歯?を入れたんですがあえなく日曜日の朝食中に
裏側部分をガリッとやってしまい、さいわいはめ込めば何とかはまったので
(すでに台座部分は入ってますんで)、会話中にいつぽろりと落ちるかとの
恐怖と戦いながら、何とかさっき仮歯を付け替えてもらってきました。
どうやら本物の差し歯は今週金曜日みたい、今日は緊急予約でしたんで。

「同病相憐れむ」と言っては失礼かも知れませんが、是非記念写真を
撮ってみて下さいね。わたしは結局撮り損ねましたが、公開するか
どうかはともかくとして、フツーはなかなか撮れない写真なので
記念になると思います(何の?)。

スノモの件、残念ですが久米仙にはかないません(笑)。
ぬくぬくの島旅を満喫して下さいませ。ではでは!

 お、遅れましたが・・・(汗)  のら  2009年1月19日(月) 22:38
[修正]
た、大変遅い挨拶で恐縮ですが・・・
今年もよろしくお願いします(^^;)

今日の一枚で新年早々笑わせていただきました^^(当人にとっちゃ笑い事じゃないですが・・・)
takemaさんは年々お歳を重ねているお姿が見てとれますが(どこでかは禁句!?)、おしんこどんは写真で見る限り変わらず、逆に10歳は若くみえますかね〜^^(ジャンプ画像はほんとお見事!)

異国の世界のレポ、今年も楽しみにしてますよー!
ではでは。

   Takema  2009年1月20日(火) 18:34 [修正]
のらさん、今年もよろしくです。
そういえばお仕事絡みの製品がどうやらN○SA御用達になったようで、
こちらもまたおめでとうございます!

>takemaさんは年々お歳を重ねているお姿が見てとれますが(どこでかは禁句!?)

いや、その場所についてナイーブな感性を抱くお年頃はもうとうの昔に
過ぎてますんで禁句じゃないです。来るべきものが予想通り来ているのねと
いった感じですね(笑)。

おしんこどんは「わたしを近くで見ないで下さい」と言ってます(うそです)。

異国のレポですが、早くクルーガー国立公園を通り抜けなきゃ。
そのあと訪問したジンバブエ(ビクトリアフォールズだけですが)が
いよいよやばいことになってきそうなんで‥
ちなみに今度100兆ドル札が発行されるようですが、わたしらが行った8月には
10億分の一デノミが行われていたんですよね。
ちなみにこの「新」100兆ドル札をデノミ前の金額に換算すると、
「Z$1,000,000,000,000,000,000,000,000」となります。
数字の命数単位でいえば「兆」の上の「京(けい)」の上の「垓(がい)」のそのまた上、
「予禾(登録字ではありませんがこれで一字、じょ)」なんですね。

1予禾ジンバブエドル、数日前の実勢レートでは約3000円みたいです。
でもこのままだと近いうちに「パン1個買えるくらい」の価値にまで
下落しちゃうんだろうなー。


 とりあえず・・  SL  2009年1月11日(日) 16:27
[修正]
Takemaさんお疲れ様です。
とりあえずPCは応急で復旧しました。
屋久島情報ありがとうございました。
とりあえず今回見送るとしても、行くならやはり飛行機を乗り継ぐのが現実的ですかね?
まぁ、今の休みの取り易い環境もうまく利用しないと・・です。
で、南から開聞岳、霧島、阿蘇山、祖母山、九重山、由布岳と欲張った計画を立てましたが、温泉が九重の法華院温泉しかありません(笑)
ここまで行って別府に行かないで帰るのか?
去年の温泉新規はわずか36湯でしたし・・(^-^;

   Takema  2009年1月11日(日) 22:46 [修正]
SLさんどうもです。

>行くならやはり飛行機を乗り継ぐのが現実的ですかね?

屋久島めあて、かつ日程的に余裕がないのであれば絶対飛行機乗り継ぎです。
というのは鹿児島空港は霧島界隈には近くても市内までがあまりに遠く、
確か空港バスでも市内まで1h近くかかったと思います。

そこから市内バスで港まで移動して、しばらくフェリーの出発を待って
さらに数時間かけて宮之浦や安房へ(ダイヤによっては種子島経由だし)
というのはおすすめできません。羽田からまっすぐ行くのならやはり
JACをおすすめします(安いチケットもほとんどないんですけれどね)。

>ここまで行って別府に行かないで帰るのか?

多分わたしならそのまま帰ると思います。あれはあれ、これはこれってことで(笑)。

初湯の数?うわーそういう統計を取ることを考えていなかったんで
全然わかりません。多分わたしの方がもっと少ないのではないでしょうか?
ちなみに今日は日帰りで3湯に入りました(那須湯本、塩原畑下、塩原新湯)。
源泉としてはいずれも既湯でしたが宿の湯としてはそれぞれ初訪、
冬の湯めぐりとしてはこういうのもいいかなと‥。
あ、こんなことじゃMARさんに怒られる?(笑)。

   SL  2009年1月12日(月) 20:25 [修正]
いや、自分も特に数を気にしてはいませんが、「あまりにも入ってない」ので数えてみたものです。まぁ、最盛期に年間何湯入ったかとか、今さら数えるつもりもありませんが。

ところで「あれはあれ、これはこれ」には、まさに図星で笑ってしまいました。
指宿、霧島、湯布院には温泉ユースがあるので「泊まろうかな?」と思っている程度で、あとはなりゆきです。
しかしここは、下山した後に「経験上もっとも最適な温泉」をすぐイメージできます。
が、こうなると、野湯は必ずしも適当とは言えないかも?入るなら共同湯狙いですね。
さて、あらためて屋久島情報ありがとうございます!
羽田〜屋久島で航空運賃を検索してエラーを出したのはこのワタクシです(^-^;


   Takema  2009年1月13日(火) 21:02 [修正]
SLさんと知り合えたのは、SLさんが共同湯&野湯に対する気合い&行動のピークを過ぎた頃だったのでしょうかな?と勝手に感じておりました(間違いでしたら申し訳ありません)。

そういう意味では「うわーもう少し早く‥」と想う時も正直ありましたが、
今は今で「焦らず、ガルル系にならずの今だからいいのかな」とお互いの関係を勝手に自分にいいように解釈してしまっているTakemaです(苦笑)。

山に関しては逆に「ピークをはるかに終えたTakema」なんですが(笑)。昔懐かし系についてたくさん書いてしまうのはお許し下さい。

自分は温泉に関してははるかに新参者ですしこれまでの訪問地域も限られていますから(特に九州は皆無に近いですから)、鹿児島と別府であれば距離的に別エリアでしょという発想だけでコメントしたつもりです。

別府‥深みのある世界のようですね。
わたしゃひねくれ者的な部分があるので、今後どうするのやら?(笑)。

   SL  2009年1月13日(火) 22:48 [修正]
いや、これもまたですね、知り合うきっかけは温泉ですし、当時間違いなく訪問意欲は旺盛でした。
単純に「二足の草鞋を履く」ことが苦手なんですね(純血のB型ですし)
ワタクシ的にはこの点が「あれはあれ、これはこれ」なわけです。
「ヤマ」に対する集中力を高めていくと、どうしても「おんせん」に振り向ける余力を感じないのです。「ピークをはるかに終えたのか?」とも思う今日この頃ですが、さきほどウオッちずで例の夢にまで出る那智勝浦の野湯の温泉マークを見たら・・。
ふつふつと血がたぎるのを感じましたよ!
「この温泉マークの正体を見たい」と考える以上は現役ということで、今後もよろしくお願いします(^-^)

   Takema  2009年1月14日(水) 21:19 [修正]
なるほど、勝手に誤解していたようで申し訳ありませんでした。
「バリバリ現役」ということで了承いたしました。

>「ヤマ」に対する集中力を高めていくと、どうしても「おんせん」に振り向ける余力を感じないのです。

考えてみたらわたしが登山の現役から足を洗うことになったのは
バイクの免許取得、しかも現職場の経営者(この方も元山岳部出身)から
「Takemaくん、バイクは楽しいよ」といわれたのがきっかけでしたっけ。
で、「バイクで山に行かれる♪(登山口まで)」と喜び勇んで
免許を取ってみたら、バイクで山登りしたのはこれまで10回くらい(笑)。
やはり「二足のわらじ」はキツかったのでありました。

でも今でもたまに山には行きますし、以前ニューギニアに行ったときも
「今回Mt.ウィルヘルムに登らないという計画はあり得ない!」と考え
おしんこどんともどもしっかり登ってきたわけですから、
やっぱり「山屋の血」がなくなってしまったとは到底思えません。

「あれはあれ、これはこれ」という点について、たぶん同じような
人種なんだと思っていただければ幸いです(笑)。

   SL  2009年1月14日(水) 23:07 [修正]
ははは、異議なし!(^-^;
今回九州行くにあたって「九重に登るのに法華院温泉に寄らないという計画はあり得ない!」まではほぼ同じ。
下山後、汗を流す温泉をひとつチョイスしても、片っ端から巡っていくモチベーションがあるかどうか?ということですね。
バイクで山登り・・思い返してみれば、去年の抱負に「登山口まで林道を駆け上がる八ヶ岳と金峰は是非やりたい」と言っていたような・・(^-^;

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106
全 4899件 [管理]
CGI-design