検索

 山と渓谷  SL  2008年2月9日(土) 18:33
[修正]
Takemaさんこんばんは〜。
今日は車の1年点検の帰りに、アウトドアショップでヤマケイを買ってきました。剱岳のきれいな写真があったからですが、特集が「山のリスクマネジメント」要は危機管理、遭難対策です。
できれば目をそらしたい、自分には関係ないと思いたいものですが、ここはやはり他人事ではない。よく読んでみようと思います。
今夜あたりは雪が降りそうですが、ちぃにぃさんは「どか雪の筑波山はお勧め!」とのことですが・・。
いや、滑落して遭難したら怖いですから(^-^;

   Takema  2008年2月10日(日) 14:51 [修正]
>危機管理、遭難対策

たしかに。自分だけは大丈夫という根拠なき自己信頼だけでは
いつか痛い思いをすることになるのでしょう。

特に自分の場合、若い頃にそこそこ(大したことないけれど)
山を歩いていたこともあり、現在の体力を考えると「自信過剰」は
否めませんね。自戒しなければ‥。

あ、数年前に某屋久島の某山頂直下から女性を背負って登山口まで
降りたことがあったっけ。あれもそれなりにきつかったよなぁ。
もっとも、自分が背負われる立場になることが一番コワイ‥。

 今週末はNY&SF  みいまん  2008年2月6日(水) 22:45
[修正]
 今日は埼玉まで行ってました。雪が降り始めて、このままいきなり積もって新幹線が止まればお江戸で宴会かも...と思ったけど、無事帰ってきました。雪といえば先週末はニセコへ。寒かったけど雪のコンディションは良かったです。スキー場の一番上のリフトから20分ぐらいで登れるニセコアンヌプリ頂上から滑るのもなかなか楽しかったですよ〜。
 今週末はアメリカ遠征でNY&SFです。現地3泊なのでNYだけで良いのではという感じですが、セントレアから東海岸へ飛ぶフライトが無く、行は良いけど、帰りが問題なので余裕見てサンフランシスコで1泊です。NYでは2晩ともJazzのライブかな〜。ビール飲みながら、いぇ〜ぃ!!なんてやっているのが良いわけで。
 来月は春分の日あたりの休みがつぶれる...というかその後3週間か4週間は台湾中国連続遠征...なので、その前にちょっと休みをもらおうかとううことで、A380に乗る計画を立てています。

 超原理的資本主義はやはり良くないですね。Takemaさん分野の社会学的に考えても、私の分野の科学的に考えても、ほったらかしにしておくと、エントロピー増大の方向に行くだけなので、何らかの手当てがあってしかるべきかな。ビジョン示して、僻地に住む人には補助金上げても良いぐらいかも。それも、どこかピンはねするところはスルーで直接が良いでしょうね。

   Takema  2008年2月9日(土) 10:19 [修正]
みいまんさんこんにちは。って今頃はアメリカですね。

北海道でスキーですか。寒いだろうになぁ、いやいやわたしらも
来週行くんだった(スキーじゃないけれど)。
ちなみにまだ未定ですが、ちょっと所用で春分の日の直後あたりに
台湾に行くことになるかも知れません。普段の「旅行」とは
ちょっと違うので旅行記を作るかどうかはわかりません。

日本はある種社会主義的な意識の中で資本主義経済を維持してきたわけで、
それが「まとまった力」として機能しているときはいいですけれど、
その一体感がなくなり、各自が皆バラバラに自分の目標めざして
動くようになるともろい部分があるのだと思います。

皆を力ずくでなくどうやって束ねるか、それが問題ですね。

 場違い  関東の  2008年2月5日(火) 20:50
[修正]
あと10-20年のうちに、零細農業を営む地域は「消滅」してしまうであろうことが素人目に見ても明らかなのに、まだお上は

 東大法学部しっかりしろ  関東の  2008年2月5日(火) 20:57 [修正]
あと10-20年のうちに、零細農業を営む地域は「消滅」してしまうであろうことが素人目に見ても明らかなのに、まだお上は

辛口ついでに場違いを承知で一言。

自分は、…の行政を信じ、会社では…の経営方針を信じ今日までその牛馬となって走ってきましたが、…は、国、民をみず、自らの保身に走ってしまったのか。  慣れないことはやめます。ゴメン

   Takema  2008年2月5日(火) 21:26 [修正]
関東の、さんどうもです。

一時期官僚機構ばかりが問題視された時期がありました。
(数日前の日経にも出てましたが)
しかし、関東のさんの意図するところは官僚批判ではなく、われわれの中に
たった今も巣くう「親方日の丸体質」をおっしゃっているのでは?

「自らの保身に走ってしまった」上(うえ)様は、とりあえず
トカゲのしっぽを切り、それでも駄目なら自分を表面上だけ
抹殺することで処理する。実質は何も変わらないようにして‥。
だって組織そのものは存続するのですから。

と、そこまでは簡単です。下っ端は単なる上部組織への批判だけを
するだけですから自分には痛くもかゆくもない。
しかし、そんな自分の中にいつの間にか刷り込まれる処世術。
ことなかれ主義、冒険よりも先例が絶対。これが恐いんですよね。

でも翻って考えてみれば、どんな状況下であっても保身に走りたがるのが
自分です。だから、仕事の過程がたとえほんの少しだけであっても
自分自身に納得のいくプロセスになるように仕事の流れをし向けるべきなんでしょうね。

あーちょっと支離滅裂です。おっしゃるとおり慣れないことは‥(大苦笑)。

   SL  2008年2月5日(火) 22:05 [修正]
おっしゃりたいことはなんとなくわかります。
若き頃の加藤文太郎のように振舞ってなにがわるい?
支離滅裂でもうしわけないです・・。

   Takema  2008年2月9日(土) 10:11 [修正]
SLさん、レス遅くなりましてすみません。
年度末を控え異動絡みのうわさ話が陰で盛り上がる?この時期、
わたしゃどこへ?‥って、なーんもそんな話は聞こえて来ないんですが(笑)。

 サイトの感想  所 真治  2008年2月5日(火) 12:19  HP Mail
[修正]
はじめまして、所と申します。
旅のサイトを検索していて、このサイトに出会いました。

とにかく、本当にやりたいことをやっていらっしゃる感じがしました。
だから、ストレスがなく、本当に楽しんでいる幸せエネルギーが伝わってきます。すごい量のコンテンツですね。驚きました。
私も目指す方向です。世界中の行ってみたいところは数限りありますが、
観光地は全く興味がありません。エネルギーのよいところは、自分で感じ自分で探すものと思っています。また、来させていただきます。
インド一周一人旅のサイトを管理しています。また、よかったら見てみてください。ではでは、、、

   Takema  2008年2月5日(火) 21:01 [修正]
所さんこんにちは、はじめまして。

拙サイトにお越しいただいただけでなくコメントまでいただき
ありがとうございます。

>とにかく、本当にやりたいことをやっていらっしゃる感じがしました。

大学を卒業して社会に出て、朝は6時の電車に乗り帰宅は終電近くに
帰ってくる生活が始まりました。当然休みの日曜日はぐったりと
寝てばっかり。で、約2ヶ月たったころふと思ったんです。

「仕事のために生きているわけじゃないだろう!」

その時自分に誓いました。

「雨の降っていない日曜日は家にいてはいけない!」

これは40歳ころに至るまでほぼ貫徹していたと思います。
ね、おしんこどん(笑)。

ここ数年はちょっとしおたれ始めていますが、まぁ40半ばに
さしかかれば多少はゆっくり朝寝を楽しんでもいいのかと思ってます。
それでも突然「明日は5:00前出発」というのはよくあることです(笑)。

仕事にストレスはつきものです。
だから「必ずガスを抜く」ようにしたのがよかったのかなと思います。
いや、NZのワーホリで最初に大抜きしたんでしたっけ(苦笑)。

貴サイトも急ぎ拝見いたしました。
インド‥実は「あえて目的地にしていない」んです。
いや、たとえばアメリカや中国のような「覇権大国には行かない」主義
なんですが、インドの場合はそれとは違うんですよね。
うーん、なんでだろう?
(ちなみに一応足を踏み入れたことはありますし、今旅の候補に入れろと
命令されればそれほど躊躇ないんですけれど)。

たぶん、もっと「みんなの知らない or 情報の少ない国」に
行きたいんだと思います。一部ひねくれ者みたいですから(自虐笑)。

リンクもしていただいたんですね。
サイト内容も楽しませていただきましたので、次回更新時にこちらからも
リンクを張らせていただきたいと存じます。

ただ、サイト内からの書き込みがメールしかないとなかなか閲覧者の
反応も少ないと思いますよ(失礼)。
このような掲示板方式はもう時代遅れかもしれませんが、
ブログを併用してコメントを書いてもらうというのも一つの手なのかなと
思います。かくいうわたしはその余裕がないので手ぇ出せませんが(笑)。

 雪です  SL  2008年2月3日(日) 10:30
[修正]
Takemaさんおはようございます。
今日は箱根探検の予定でおりましたが、夕べの段階で「今度は降りそうだ」ということで早々と朝寝坊を決め込んでおりました。
冬の装備が云々ではなく、道路が八方塞がりになって帰宅困難が予想されました。
なので今日はうちの風呂を今から湯と入浴剤を入れ、風呂と読書とを交互にします(^-^;

   Takema  2008年2月3日(日) 17:11 [修正]
SLさん毎度です。

昨日のうちに雪の想定はついていたので、
「よし、machikaneさんが行かれたのにTakemaがまだ行っていない
法典の湯、今日なら空いてるだろう!」と思っていたのですが、
十分開館に間に合う時間に起きたのにもかかわらず
面倒くさがってパスしました(笑)。雪かきスコップで自宅と
店子さんのショップ前を雪かき×2して、今はおかげでコンクリが見えてます。

でも、夜半過ぎまで降るというしどうなのかなぁ。
あ、うち入浴剤ないし。しまった(ただ今お風呂に湯張り中)。

 今年もよろしくお願いします  Naga  2008年1月6日(日) 5:00
[修正]
Takemaさん、お久しぶりです。

謹賀新年、よろしくお願いします。

んで、また今年も保田方面TR企画します。
※別途Webメール送りました。

よろしかったら、ご一緒しませんか?

   Takema  2008年1月6日(日) 14:09 [修正]
Nagaさん、こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。

メール拝見いたしました。
ちなみに私は第135土曜日は出勤です。
あそこの連休は‥うーん、もうちょっと待って下さいませ。
ちょっと考えていることがあるものですから。
「現地集合」もあり得るかも?

   Naga  2008年1月7日(月) 13:25 [修正]
Takemaさん、了解っす!

こっちも予定固まったら、またお知らせします。


それはそうと....、
来週、すふぃんくすさんに会いに行ってきます。
つたんかーめんさんにも会いたいです....。

その後間を置かずに、くりおねさんにもちょこっと会いに行く予定です。

(寒暖差、40度以上かも....)

   Takema  2008年1月7日(月) 17:40 [修正]
それって、もしかして‥出張?いや違った、ナントカ旅行ですかぁ?

何にしても現地のラクダはノミだらけらしいからお気をつけて。
その後クリオネですか。わかりました、ちゃーんと極寒の海に
潜るというわけですね!(笑)。

わたくしTakemaは地道に働きますよーだ(悔)。
あ゛、今度の週末、どうしよう(笑)。

 どうにか無事に....。  Naga  2008年2月1日(金) 7:48 [修正]












先月のイベントも終わって、帰ってきました。

Part1では、すふぃんクスさんには会えましたし、
つたんかぁめんさんは、ついでにお墓参り(?)も
させていただきました。


Part2では、流氷初日の翌日だったんですが、
まだ接岸はしておらず、北浜から遠くオホーツク海の
流氷を拝んできました。
なので、くりおねさんには会えませんでした。
代わりに観光船を撮ってきました。


さて、イチゴTR2/11に実施です。

ご予定どうですか?

 参加希望  BLUEBIRD  2008年2月1日(金) 21:12 [修正]
ご無沙汰しています。

1月は会社の引っ越しで余裕が無く、ネットは
リードオンリー状態でした。

>Nagaさん

2/11は今のところ大丈夫そうなので、参加を希望
します。(寒さはともかくとして、天気は大丈夫で
しょうか? 雨天中止?)

PS. お誘いメールは未着でした。

遅れ馳せながら、今年もよろしくお願いします(笑)。

   Takema  2008年2月1日(金) 21:29 [修正]
寒いだろうなぁ、最近めっきり寒さに弱くて‥。寄る年波ですかね(笑)。

それはともかく、一応仮参加ということにしておいてください。
ちょっとまだビミョーな部分があるもので‥。
あ、もしかしたら市原SAならぬ別の場所で集合になるかも?

BLUEBIRDさん>

うわぁお久しぶりです。
前回はCB1300SFでしたが、あのあとRTに乗り換えられたんですよね。
うわぁRT、乗ってみたいなぁ(笑)。機会があれば‥です。

 了解です!!  Naga  2008年2月2日(土) 8:44 [修正]
>BLUEBIRDさん、

メール未着、失礼しました。

でも情報は伝わったみたいで、結果OKってことで....。
(相変わらずの無責任)


>Takemaさん

あっちの書き込みもありがとうございました。
ドタ参加も可能っす。

っで、雨天はもちろん中止です!!

だって、つらいもん。

   Takema  2008年2月3日(日) 17:06 [修正]
うー寒い。

雪かき2回。量は大したことないけれど
さすが千葉の雪、集めて持ち上げると滴る水‥。
うちの前の歩道もとりあえずきれいにしました。
だから今は身体自体は熱いんですが。

しかし、これでしばらくはバイク通勤グ封印か?

 ニアミスでしたね・・・  のら  2008年1月31日(木) 21:56
[修正]
takemaさん、こんばんは!
できたてホヤホヤの記事を拝読してきました。
「や〜まだ」は、低料金で極上のお湯を楽しめますので、津軽遠征の貴重な存在になりつつあります^^

先日、takemaさんの軌跡を辿って群馬まで遠征してきました(^^;)
時間の関係で漣をロストしてしまい次回の課題となってしまいました・・・
津軽もいいですが、群馬も最高ですね!次は市川の露天か・・・(笑)

そういえば、中国産のギョーザで市川の方が被害に遭われたそうですが、takema家では?とちょっとだけ心配しておりました^^

ではでは、また!


   Takema  2008年2月1日(金) 21:37 [修正]
そうなんですよ、なりやと秋元とで‥惜しい!
(ただしちょっとタイムラグはあったみたいですけれどね)

八ッ場ダム界隈の共同湯にまで足をのばすとは、市川健康温泉も
もはや安住の地ではない?(大笑)。

GWはいつもの時期にいつもの場所でテントを張る予定です。
もう毎度毎度の場所なので、新規開拓の野望はほとんどありません。
あ、しかしそういえば、実はわれわれは何とまだ中山平温泉が未湯なんです!
いつぞや丸進別館まで行ってみたら、ちょうど法事で本日休業、残念でしたねー。

ちなみにCoop市川店はうちのすぐ近くです。
でも残念ながら?買ってないんですよね。ネタに出来たのに(不謹慎)。

 ありがとうございました!  小菅銀吉  2008年1月30日(水) 22:04
[修正]
Takemaさん、おしんこどん、こんばんわ。
小菅銀吉でございます。
(こちらでは、はじめまして〜よろしくお願いいたします!)

今夜は楽しいひと時をありがとうございました!
初めてお会いしたというのに〜遠慮ない「食欲」面目ありませぬ。
こんな「わたくし」ですが、末永くお付き合いいただけましたら
幸いにございます。
また、オフ会や温泉でご一緒させてくださいね〜
本日は誠にありがとうございました!
(ご馳走さまでしたですね〜とっても美味しかったで〜す)
では、寒い時期でもございますので、お身体ご自愛くださいませ!

 無事帰宅いたしました  machikane  2008年1月31日(木) 0:06 [修正]
Takemaさん、おしんこどん、こんばんは。machikaneです。
無事に名古屋へ帰宅することができました。

銀さんに同じく、今夜は誠にありがとうございました!!
短い時間ではございましたが非常に楽しかったです。
(楽しかったのでさらに短く感じた?)
また、お酒にお料理、ご馳走さまでした〜。
あんず酒美味しかったですよ〜。

また、奈良への帰省の際や、関西遠征の際にはぜひご連絡くださいね〜。

銀さんまたまた大変お世話になりました!!
ありがとうございます!!

   Takema  2008年1月31日(木) 19:55 [修正]
どもどうもでーす!

銀吉さん>

すみません、最初に本名をお伺いしたにもかかわらずすでに忘れてます(笑)。
あ、でもmachikaneさんの本名も思い出せないからおあいこってことで‥。

銀吉さんとは初めてお話を伺いましたが、昨日のお二人の湯めぐり談義の中で
「どんどん成分が濃くなっていって♪」の時の嬉しそうな表情が忘れられません。

今後ともよろしくお願いいたします!
オフキャンプ(5/10.11)、もし都合がつけば近場の素泊まり温泉民宿も
ご紹介できますし、ちょっとにおいを気にしないのであればテントも寝袋も
お貸しできますのでよろしくです!

machikaneさん>

あの時間なら箱崎界隈の渋滞もないだろうしとは思いましたが、
無事お帰りになることが出来て何よりです。

オフキャンプの時はわたしも参加者との皆さんとのご挨拶がありますんで
なかなかじっくりお話しできない部分もあるんですが、
さすがに今回は自宅ということもありゆっくりお話でき‥
いや、時間制限があったんでそれでもイマイチ?

三重あたりにはちょっと気になる湯もありますんで、
その時にはまたお知恵を拝借するかと思います。よろしくです。

ではお二人とも、可能であれば次回はオフキャンプでお会いしましょう!

 ありゃぁ・・  SL  2008年1月24日(木) 22:41
[修正]
はじめまして、きょうみさん。筑波山は日曜日です!(^-^;
もともと隊長が「仕事がカツカツな奴もいるから土曜日でいきましょう」と言っていたのですが、そのカツカツの奴が土曜仕事でやむなく日曜に・・。
おそらく今後、トレーニングにたびたび出没すると思われますので、その都度声をかけてやってください。
筑波山はもともとが、母親の地元で子供の頃いつも帰省するたびに眺めていた山です。
この歳(不惑)になると子供の頃に回帰したくなることってありませんか?
なんとなく、それもありますね。
バカやってた高校生の頃を忘れないため?原付バイクも2台大事に所有して、たまにフラフラと走っています(^-^;

Takemaさん、ボクが「まだ新田次郎の本は売り出されている云々」と云ったのは、またお金を出して買って読む価値は十分ある、と云いたかったのです。
劒岳<点の記>も、二回目に読んだときにはまた違った印象、感動がありましたよ!
加藤文太郎は、変なところ、浮いたところだけは他人とは思えない・・(^-^;

   Takema  2008年1月25日(金) 19:32 [修正]
うーん、日曜日は出勤だぁ‥。
その代わり月曜日に振休となるので温泉にでも行ってみようかな?
(野湯じゃなくていいです。たぶん‥)
筑波山は家の屋上からほんの僅かだけ見えるのですが‥。

>バカやってた高校生

うーん何やってたかなぁ。山ばっかり行ってたような気が‥。
確か受験生の夏も「でる単」持ってテント山行していた気がするぞ(笑)。

>新田次郎の本

なるほど、そういうことでしたね。
どうしようか。ただ、山そのものから遠ざかっている状況ですから、
もしかしたら前よりも気持ちが移入しにくいのかも?
いや、ふたたび目覚めるという可能性もないとは言えない?(笑)。

   きょうみ  2008年1月30日(水) 8:37  HP [修正]
“つくば〜や〜ま〜 たなびく雲に朝風の望みあり〜♪”
というのが私の高校の校歌だったわけでして・・・どもども遅くなりました! 土曜日に急ぎで行って来ましたが(なにしろ午後から仕事だった)、上のほうにまだ雪が残ってましたね。すれ違う下山中の方々がヤケに重装備なので、??と思ってたのですが一部ツルツルに凍ってるところがあり。でもまー、北海道の夏山より全然雪少ないし(爆)。かなり昔ですが、もしかして通勤途中ですか?のようないでたちで登られているスーツ姿の男性がいらっしゃり、ちょっと感動したことがありました。きっと、仕事で近場に来たけど・・・ええい、このまま登ってしまえ! ってコトだったのかも。

新田さんのも加藤さんのも生憎読んだ記憶がない私ですが、えーっと何か山関係の本?で、摩周湖のカムイッシュ島(でしたっけ? あの湖の真ん中の小島)に渡ったという話を読んで、ほ〜、と思った覚えが。

では、いまから県庁まで面接に行ってきます(爆)

   Takema  2008年1月31日(木) 19:42 [修正]
面接お疲れさまでした。
メールを拝見しましたが、これでもしかして同業者?
あまり「いぢめないように」お願いしますね(笑)。

筑波山あたりだとそういう(ええい、このまま登ってしまえ!)系の
方もおられると思いますが、その昔北アルプスの稜線上のキャンプ場で
ほぼ似たいでたちの方を目撃したことがあります。
しかも靴もビジネスシューズだったし!

絶対あの格好で5時間の登りを歩いてきたとは考えられないので
「ここでこの格好でうろうろする」ウケ狙いだったはずでしたが感動でした(笑)。

それ以降、自分も「ここでこれ?」的なことをするようになりました。
テント泊の朝からアジの一夜干しを焼いて周りの人におすそ分けしたり、
わざわざ生ビールのガラスジョッキを担ぎ上げ、周りのテント族に
よく見える&聞こえるように「カンパーイ!」とやってみたり
(もちろんビールは小屋から買った缶ビールなんですが)、
そういうの、好きだった=バカだったよなぁ。

 孤高の人  SL  2008年1月22日(火) 12:45
[修正]
Takemaさんこんにちは。
槍ヶ岳開山は感動の物語でした。人間の一生とは全く、何に翻弄されるかわからない。でも播隆上人はお坊さんとして過ごした一生を悔いてはいないでしょう。
さて、次に同じ槍が舞台となる孤高の人のページを開きました。みいまんさんも尊敬する加藤文太郎です。31歳の若さで冬の槍に散ったということまでは知っております。
しかし・・正月の雪崩の事故も槍でしたが・・。やはり自分の身の程を考えれば槍に限らず、冬山はやはり見て楽しもうかと(^-^;
あ、次の週末は即席結成の職場山岳会にて、筑波山を目指します。
冬山は見て楽しむと宣言したばかりですが・・(^-^;

   Takema  2008年1月22日(火) 21:13 [修正]
「SLさんの読書日記」、嬉しいです。
でも唯一最大の問題は「自分がその小説の機微を覚えていない」と
いうことなんですね(苦笑)。
「孤高の人」、自分が購入した新田次郎の本の中でも最初期のものだと
いうことは覚えています。槍ヶ岳が播隆上人開山だということも。

でも‥話の内容は忘れてしまっているんですねぇ。
完読直後、今のSLさんの感動に共感できなくて申し訳ありません。
いかんせん確か四半世紀前に読んで以来なので‥。

加藤文太郎さんの文章は、読んでいて「恐かった」印象がありました。
この人は自分が何かを決めたらずんずんと進めていくんだろうなというような。
板倉勝宣さんも、当時にしての行動を考えれば似たような人だったのかも
しれませんが、文章にとげがなく淡々とした語り口で、
「自分もこんな人になってみたいな」と思った記憶があります。
ただし彼も若くして北鎌尾根で亡くなってしまったんですけれどね。

最後のことばは今でも(暗誦は出来ないにしても)覚えてます。
生きている最後の状況にして書き遺す内容がこれなのかと、
高校生ながらに感動した記憶がありますから。

   みいまん  2008年1月26日(土) 22:50 [修正]
 加藤文太郎は社会人生活では技術者なんですよね〜。ということで、氏の姿勢というか、なんというか、匂いというか....には共感する部分があります。加藤文太郎さんの書いた「単独行」は高校時代に図書館で借りて読んで、復刻版かなんかで買ったのが今あります。久々に読んでみようかな〜。
 北鎌尾根は、自分でこなせるレベルでないので、永遠に憧れの地でしょうが、初めて北鎌尾根を見たとき...高2の頃ですが....無茶苦茶感動した覚えがあります。
 

   Takema  2008年1月29日(火) 22:48 [修正]
加藤文太郎=技術者、そういえば‥。
みいまんさんもまさに技術で東アジアを回っておられるわけで、
ふむふむなるほどと思うとともに、それぞれに尊敬の念を
いだくわけなのです。加藤氏が今のみいまんさんなら‥
「弾丸マッキンレー」とか(笑‥いや笑い事じゃないぞ〜)。

北鎌、20代後半の頃に私の先輩と「行こうぜ!」と誘われつつ
そのままにしてしまった記憶があります。
自慢じゃないですがたぶんあの頃なら登れたと思います。

でも技術だけじゃないんです、「肝っ玉」が備わっていなければ
あの尾根は登れないんじゃないかと思います。
今は体力だけでなく山慣れからくる「やったれ肝っ玉」感がないので厳しいかなぁと‥。

その「やったれ肝っ玉」感を経験上具体的に表現するならば、、
奥穂からジャンダルム方面に下る馬の背で、テントを含む重装備モードで
大バカ写真をセルフタイマーで撮ったことでしょうか(ソロ山行)。
でもあれは「ただのバカ」でしたが(苦笑)。

ちなみにジャンの頂上にあったオールドパーはその後の行程
その他を考えれば「飲めません」でした。特に‥

その時代(洋酒=高い)のその時期にそこにオールドパーがある理由は
いわずもがな。だからこそ「そこにおられる方」と飲み交わしたいと
いう気持ちはあったんですけれどね(そんなに人が来る場所ではないし)。
でもそこで酔って行動すれば死んじゃうしね(笑)。

しまった、確かあの時は水もそこそこ背負っていたし(3-4リットル)、
ジャンの頂上に無理矢理テントを張ってみたらどうだったんだろう?
(ちなみにジャン頂上は平地などないけれど無理矢理にね)
誰だろう「実体のない方々」が滝谷方面から上がって来られるかも(恐笑)。

以上、酔っぱらっての妄想が昂じての長レスでした!

 これは・・  SL  2008年1月29日(火) 23:25 [修正]
Takemaさん、これは「孤高の人」を読み進めていけばわかる話ですかね?
今、下巻の半分まできました。
そういえば、金花湯も含めて危険な温泉行がほとんど単独行なんですが、加藤文太郎的思考をもってすれば全く正攻法?(^-^;
いや、でも仙人温泉で学んだのは、現地で情報が変化していた場合にどう判断するのか?
パーティーを組んでいる場合の方が格段に難しいのでは?と想像します。
しかし・・Takemaさんも山の話始めたら止まらないですよねぇ。
今後の参考に、今からオフ会が楽しみです(^-^)

   Takema  2008年1月31日(木) 19:34 [修正]
ぐわ、SLさんすみません。
実は「孤高の人」とはまったく関係なく昔話を書いてしまった次第です(苦笑)。

>ほとんど単独行なんですが、加藤文太郎的思考をもってすれば全く正攻法?(^-^;

確か加藤文太郎さんの文章を「恐かった」と思ったのは、
技術とか登攀ルートとかではなく、そういう意味での「自信」だったと思います。
もっとも、大学入学後6-7年、一番好き勝手に山を歩いていた時期はほとんど単独行、
しかも奥穂−西穂ルートとかもテントを背負いつつ気楽に歩いて
いたんですから、びびりつつも「根拠なき自信」があったんでしょうかね。

久々に登山関係のサイトをのぞいていたら、すこーし登りたくなってきました(笑)。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106
全 4883件 [管理]
CGI-design