検索

 磐梯山  SL  2008年10月19日(日) 19:55
[修正]
Takemaさんこんばんは。
三週連続のしんがり、磐梯山に登ってきました。
中の湯手前から山頂を見て「まだあんなにあるの?」っていう見え方でしたが、大休憩込みでも3時間弱で登頂でした。
男体山の山頂は手が届きそうなところに見えるのになかなか着かない。
遠近感の狂う仕掛けがしてあるとか、ただの目の錯覚なのか・・?(^-^;
紅葉も素晴らしく、猪苗代湖畔のキャンプもあまり冷え込まずに快適でした。
温泉の新規はありませんが、沼尻の田村屋で十分幸せです。
ここの客人が主人に「奥にある○○」について問い合わせてましたが、丁重に立入禁止であることを説明されてましたね。
ちょっとお土産見るフリして聞いてましたが、まことに正論であります。



   Takema  2008年10月20日(月) 20:58 [修正]
SLさんどうも毎度です。いい天気ですねー!

中の湯からはそんなに近いんですか!
登頂を考えたことがなかったんでコースタイムを調べたことも
なかったんで‥うーん行きたいんですが今シーズンは忙しくてもう無理?
(いやホントに忙しいんです)

うーむ、「○○」は確かに‥。
裏を返せばそれだけここ数年で有名になったということですよね。
自分にも罪があると思うんですが、あまりに情報垂れ流しなのかも。

 谷川岳  SL  2008年10月12日(日) 22:53
[修正]
Takemaさんおばんです。
今日はゴンドラお気楽登山、谷川岳に登ってきました。
富士山も見える、なかなかの好天でしたが・・。
が、しかし、紅葉と三連休という時期的なファクターを完全に忘れてまして、ゴンドラ渋滞、岩場渋滞、山頂渋滞、高速渋滞・・。
結局お気楽のつもりが修験登山のようになってしまいました(^-^;
とはいえ、久々バイクツーリングを兼ねまして(経費節減も)、忘れかけていたバイクの醍醐味はしっかり堪能してきましたよ。

   Takema  2008年10月14日(火) 14:21 [修正]
おお、日曜日に行かれたのですね。
大混雑はしょうがないとして、天候に恵まれたのであればまずまずかと。

以前私がそのルート&この時期に行った時には、始発前にロープウェイの
乗り場にバイクで到着し先行先行、そして帰り道は足止めを食うことの
少ない西黒尾根経由で下りてきたような記憶があります。

わたしらは紅葉にはまだ早い福島方面に出かけてました。
連休だというのにかなりの確率で貸し切り湯を楽しめ、かなり満足。
以前にSLさんから御指南いただいた某所の川原湯もタンノーしてきました!
ありがとうございました。

 どういたしまして〜  SL  2008年10月15日(水) 0:26 [修正]
おぉ、無事に到達できたようでよかったよかった。
先人が湯舟に囲ったところはやはり水没してましたかね?
ワタクシも今週末に福島、会津磐梯山に登って三週連続の弾丸山行計画コンプリートです。
ここは連れのことも考えて中の湯コースから。中の湯跡そのものは、以前に登山客の途切れるタイミングを計るのに苦労して入湯を果たしております。
お湯そのものはいいって言えばいいし、わるいと言えばわるい。
同じ苦労をしてまで再入湯を試みる予定なし、です。
足湯でもしてこようかな?

   Takema  2008年10月16日(木) 20:37 [修正]
先人の湯船はかなりいい感じで作られていましたが、
いかんせん水湯船と化していました。
湧出場所が安定していないんでしょうか。そもそも河原ですし。
そこから5mくらい上流の場所で湯船作成作業をした次第です。

山、やってますねー!
わたしも、まだアップはしていませんが苗場山経由で赤湯に下りました。
これで一応百名山も60になりました。
ま、筑波と那須に行けば+2はすぐなんですが、今のところ予定なしです。

 ひろ田さん経由道東  みいまん  2008年10月14日(火) 0:04
[修正]
こんばんは〜。
3連休は海外にでかけず、北海道に行ってきました。
 金曜日は、台湾から帰ってくる人と引継ぎという名目?で早めにセントレアに出かけたので、当初の予定より2時間ほど早く札幌到着。ということで、ひろ田さんで飲んだくれから始まり。国稀、鬼殺し×2+暑寒おろし×2+にごりで結構来ましたが...。
 そのあとは、マイルで取った道内便で、初丘珠だったのですが、中標津へ。雨の予報だったのに結構天気がよかったので、開陽台にいって、養老温泉。あと、風連湖あたりや、霧多布とか。こんなに、天気が良いのもめずらしいかも。
 おまけは、帰りの飛行機で、きれいに晴れた摩周湖を見ました。もう、そんなことも無いかもしれないけど、また遠のいたのかな〜〜と思ったり。

 ちなみに、ひろ田さんの25周年は11月17日〜22日でいろいろやるそうです。11月もいければ1回は札幌。12月にはホワイトイルミネーションが始まった頃に札幌へ行こうと考えているところです。

   Takema  2008年10月14日(火) 14:24 [修正]
>国稀、鬼殺し×2+暑寒おろし×2+にごりで結構来ましたが...。

そりゃ誰でも「来ます」って!(笑)。

ちなみに次回訪問時には「Takema夫婦は2月に出没するかも」と
お伝えいただければ幸いです。

>また遠のいたのかな〜〜

なーにをおっしゃる!ひょんなことからひょんとしますよ。
‥あ、これはうちら夫婦の場合か(笑)。

 日光男体山  SL  2008年10月5日(日) 21:57
[修正]
Takemaさんこんばんは。
土曜半ドンの後、今市にてキャンプ前泊、本日男体山にアタックして参りました。
〜富士というサブネームがないのが不思議なくらいの山容で、すぐ着きそうに見える山頂も似ています。全然着きません(^-^;
午後一に下りるつもりが夕方になってしまいました。

写真の温泉が噴出しているのは思いがけず、たまたま見つけました。
場所は日光湯元でも、塩原新湯でもありません。
体感約48℃、立派な硫黄泉です。
尻浸け+しぼりかけにて一湯としました。「まさかこんなところに?」というサプライズ温泉でした。


   Takema  2008年10月6日(月) 19:37 [修正]
SLさん毎度です。

男体山ですか。やっぱり見ての通りの「富士山」なんですね。
しかーししかし!この「ピュー」源泉は登山道沿いにあるんですか?
もしそうだとしたら‥行かねば!

湯量は少なそうですが湯温はかなり高めのようですから、
携帯湯船を背負って‥いや、かなり変態の域に達しているような(笑)。

‥ああそうかぁ、コメントからするとどうやら全く別の場所???
タイプしてから気づいた次第ですm(_ _)m。

   machikane  2008年10月9日(木) 21:06 [修正]
SLさん、こんばんわ。
これは面白い湯ですね〜。頭からピューって感じですね〜。
多分、人がいないときを狙わないとイケナイ感じですね。
湯温もちょうどよさそうだし。

・・・変態?結構結構!
そこに湯があれば・・・。(爆)

   Takema  2008年10月10日(金) 18:43 [修正]
いやいやわたくしは人間としての尊厳を失わない程度に
とどめておきたいです。え、もうその一線は越えちゃってるだろって?

‥うーむ(しばし過去を振り返り)ま、そんなこともあったかな♪
以上、軽佻浮薄に開き直って終了っと。

   SL  2008年10月10日(金) 23:13 [修正]
Takemaさんこんばんは。
解禁日(ある意味逆?)の26日などは日曜ですし、絶好の狙い目ですね!・・って、紅葉狩りもシーズン突入ですね(^-^;
相手がどのような波状攻撃を仕掛けてくるのか、偵察お願いします。
写真は日光富士(男体山)の雄姿と中腹の紅葉です。
machikaneさんどうもです。
人がいないとき・・早朝早起きして屈斜路湖の砂湯しかり、暗くなるのを待った河津浜しかり・・。こちらも、軽佻浮薄に開き直って終了っと。

 リンクさせていただきました!  ひみつ基地  2008年10月5日(日) 10:40  HP Mail
[修正]
ペンションひみつ基地の田中です。
Takemaさん、先日はお越しいただきありがとうございました!

ということで、ウチのリンク集に「あっちこっち旅日記」をリンクさせていただきました。
ttp://homepage2.nifty.com/bs-himitsu/links.htm

今後ともよろしくです。

   Takema  2008年10月5日(日) 17:42 [修正]
田中さんこんにちは。

リンクに加えていただきありがとうございます。
これから紅葉の時期ということでお忙しくなると思います。
ちょっとシーズンを外した時期に再訪させていただきたいと思いますので、
その時は石など投げずにかまってやっていただければ幸いです。

こちらこそよろしくお願い申し上げます。

 またまた凝ってますね〜  TABI  2008年10月5日(日) 10:11  HP
[修正]
Takemaさんこんにちは!
南アフリカ編、出来た分漸く(しばらく留守してたので)見せて頂きました。いつもながらうま〜い作りですね。ダイジェスト版で、期待感を高め、そして本編では今回もきっと、その期待感以上のものを出してくれるのでしょう!それにしても、Takemaさんのジャンプ、合成写真?ってくらい凄いんですが。このために鍛えてるとか?(笑)

   Takema  2008年10月5日(日) 17:39 [修正]
TABIさんどうもです。

アフリカ編といいながら実際の旅行記は南ア到着前までしか
出来ていなかったのに落胆されたと思います(笑)。
実はまだ喜望峰絡みのページを製作中なんで、ここを逃すと
しばらく更新はできないと思ってあたふたとアップした次第です。
でも‥

>その期待感以上のものを出してくれるのでしょう!

そういうふうにプレッシャーを掛けるのはおやめ下さい(大笑)。

バンジーですが、今回は久々トライのおしんこどんに
精神面で負けた、という感じです。何年ものブランクがあって、
いきなり200mオーバーの大ジャンプであんなにのびのびと‥。

ちなみに南アのバンジージャンプについてはすでにバンジー編に
アップしてありますので、もし未読でしたらご覧下さいませ。

次回更新は早くて今週末、予想としては来週半ばという感じです。

 初秋の温泉  keiichi_w  2008年10月5日(日) 6:09  HP
[修正]
70すぎてからのそば屋さんとか、初日は4時間までの温泉とか、なんだかすごいところでしたね。バイク通行禁止の道路なんてまだあったんですね。最近はあまり聞かなくなったんですが、確かに80年代のバイクブーム時は峠族がいっぱいいたもんなあ。
ところで私の秋の温泉は白骨温泉に行ってきました。
ここ混浴だったんですね。知らんかった(笑)
東北では混浴温泉に女の子がいたことがなかったんですが、ここはカップルで入ってる人が大勢いました。こういう、安心して混浴できる温泉は貴重ですね。

   Takema  2008年10月5日(日) 17:21 [修正]
keiichi_wさん、どうもです。

FTRで乗鞍とはやる気満々ですね。
白骨はわたしも去年初めて行きましたが公共野天風呂のみ。
泡の湯はまだ行ったことがないんですよね。
ttp://achikochi.takema.net/kokunai2/0706nagano/07nagano2.html

なお先週末は久々に2日間で10時間行動の山登り&温泉に行ってきました。
これまた紅葉シーズンになると激混みになりそうなのでその直前に‥

わたしは9月の遠乗りは2回だけでしたが、今月も終盤になるとさすがに
寒くなってくるんですよね。温泉にはいいけれど‥
次のバイクお出かけは10/19かな?

 南アフリカ本編ですが  Takema  2008年9月23日(火) 22:01
[修正]
諸般の事情により(休みごとにイベントがあるから?)
まだ1.5ページしかできていません。
何とか今週末くらいには4ページくらい作ってアップしたいと思っています。

もう少々お待ち下さいませ。
あ゛、今週末は休出だったっけ(汗)。

 始まりましたね!  よーへい  2008年9月24日(水) 22:37  HP [修正]
ダイジェスト版見ましたけど、すでに本編が内容濃くなりそうな感じがプンプンいたしましたよ。
ナゼか子供の頃よく観てた「兼高かおる世界の旅」を思い出しちゃいました・・(なんでだろ??)
こちらも北ツーのツーレポちまちま始めましたが、勢いが続かないんですよね。
そのうち、怒涛のレポート作成の奥儀を伝授くだされ!

   Takema  2008年9月25日(木) 22:13 [修正]
よーへいさんどうもです。

とりあえず2.5ページまで作ってます。
20年前の未公開画像もスキャンしたし(大した画像じゃないですが)、
でもまだケープタウンまで行き着いていないので‥。
何とか早く、せめて今月中に新たなアップをできればと思っています。

>そのうち、怒涛のレポート作成の奥儀を伝授くだされ!

奥義なるものはありません(笑)。
ただ地道に作り続ける先にいつかゴールが見えてきます。
というか、今が一番つらいところです。
いつものことながら「夏の宿題」の完成を、何とか年度末までにと
考えておりますです。

 いよいよですね  TABI  2008年9月27日(土) 10:06  HP [修正]
Takemaさん、こんにちは!
とうとう始まったのですね。これに私も刺激を受けて(ホントに!)、私もブログ以外は何ヶ月も放置していた本編HPの更新に乗り出しました。Takemaさん、ありがとう。これからも怒涛の勢いで更新し、私のモチベーションを上げてください(笑)


   Takema  2008年9月27日(土) 21:28 [修正]
ごめんなさい、今週末は無理になりました!m(_ _)m。
おまけに月火もこれまた諸般の事情で無理だったりするんです。
TABIさん、モチベーション下げまくりでゴメンナサイ(苦笑)。

次回更新は南部アフリカ編3P(しかし何とシンガポール出発までなんですな)、
国内のバイクツーリングと車による湯めぐり紀行が計3P、
それとリンク追加というパターンになりそうです。

ちなみにアフリカ絡みは「本編に入ってしまえば意外とすいすい‥」と
思いこんでいたのですが、動画の編集が全然進んでいなかったことに
気づいて「唖然」。どうしよう‥、というわけでケープタウン到着の
前までしかアップできないわけですね。やってもうた‥(笑)。

ちなみにもともと最初から「年越し」は計算済みです。
過去のデータを見ると、モンゴル編は1/29完結、パプアニューギニアは2/9まで
引っ張ったという前歴があります(笑)。
だから前回の書き込みにも書いてありますよね。

>「何とか年度末までに」

「年末までに」とは書いていないところがミソですね(大笑)。

   Takema  2008年9月30日(火) 22:53 [修正]
とりあえず半月ぶりにアップしましたが‥

南部アフリカ編についてはまだ大陸に到着していません(笑)。
今週末はお出かけの予定もないのですこーし頑張ろうかな?
いや昨日今日とすでにお出かけしてきたんで、そっちのほうも
こっそり作らなきゃ?

 意外な趣味  SL  2008年9月26日(金) 14:43
[修正]
Takemaさん、Okeiさんこんにちは。
クルーザーとはまたゴージャスな・・。
猪苗代湖などのキャンプ場に行くとジェットスキーやボートを載せたトレーラーなどよく見かけますが、ワタクシはトレーラーを牽っ張ってみたいクチです。
バイクを積んで林道まで来たら、バイクを降ろして秘湯を目指す・・。そんな夢もよく考えたら「自走すりゃいいじゃん」という結論でして(^-^;
けん引免許はあるので、総重量750Kg以上の大型フルトレーラーも運転できます。
それより、週末はF1よりも、WRCよりも大好きなMotoGPを観戦にツインリンクもてぎまで行ってきます。
ヤマ、温泉に次ぐ本業のようなもので、日本にいながらヨーロッパの風を感じることができます。
本当はイタリアGP、オランダGPに行きたい!
写真は歴代GPマシンで最も美しい(個人的主観大)ホンダNSR500 V.Rossi車。
Takemaさんの黒鳥や,うちのSLとも無関係でないのが佳い(^-^)

 憧れていたドイツのデヘラー・ヨット  Okei  2008年9月26日(金) 20:46 [修正]
SLさん、こんにちは。
ボクはWRCとラリーレイドが好き。
でもなかなかTV放送してくれないんですよね〜。F1などと違って。

米国やヨーロッパではボートをトレーラーに載せて、クルマで牽引することってよくありますよね〜。クルマよりも大きな小型クルーザーもよく牽引してますね。
別レスで書いたデヘラー社の小型クルーザーはマストを倒すことができるので、牽引にピッタリともいえる艇です(自宅で組み立て、自宅に保管できるように設計されてる)。
確か日本にも輸入されてるはずですが、25フィート(約7.5m)のクルーザーを牽引することは道路交通法とかに引っかからないのかな・・・?

 出帆  Okei  2008年9月25日(木) 20:49
[修正]
Takemaさん、お晩です。
最近友人が中古でセーリング・クルーザーを買いまして、時々クルーとして乗船しとります。
艇種はヤマハ23。20年くらい前の23フィート(約7メートル)クルーザーで、35万円で買ったらしい。停泊料は年間約9万円。最低限の装備はあるので、数日間の沿岸クルージングには耐えられそうな感じ。
実に20年振りのヨット。当時は2人乗りの小型ディンギー(13フィート)だったこともあって、初のクルーザーはおっかなびっくりって感じ。でも艤装はともかく、体は操船法を覚えてたようで、しばらくラダー(舵)握ってたら慣れたきた。
そのうち乗りこなせる様になったら、淡路島や家島諸島、小豆島くらいならクルージングできるようになるかも。

   Takema  2008年9月25日(木) 22:18 [修正]
ほほーOkeiさん、そのようなご趣味があるとは!

私は基本的に「水が恐い」系の人間なので、
実は職場の人にもヨット関係で誘われたこともありますが
さっさと辞退した記憶があります(笑)。

でも「東京から小笠原まで行かないか?」と誘われて
「はいそうですね行きたいです!」とは言えませんよね??
船酔いしても「ここで降ります」というわけにはいかないし‥。

 ウンチク  Okei  2008年9月26日(金) 20:33 [修正]
そーです。山男やる前は海の男だったんです。
再びヨットに乗ることになり、いまや両生類といったトコかな〜?

一般にはあまり知られてないけど、ヨットって不沈構造なんすよ。
小型ディンギーは沈(転覆)することはよくあるけど、沈しても簡単に復元できるし、
ハル(船体)が海中に没することはほとんどないっす。
クルーザーは沈すること自体稀で、乗り手にもよるけどよほどの荒天でない限り大丈夫。
万が一沈しても、キール(船底)にバラストが積まれていて、自動的に復元するように設計されているんです。
だから小さなクルーザーでも乗り手によっては外洋クルージングもできるんです。

ちなみに23フィートのクルーザーはミニトン・クラスといって、クルーザーの中でも小型に属します。新艇だと国産高級車くらいの価格かな〜? ドイツのデヘラー社では小型クルーザーのキットなんて売ってます(内外装をDIY)。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107
全 4936件 [管理]
CGI-design