検索

 休み1回目  みいまん  2008年7月20日(日) 6:20
[修正]
 こんにちは。1回目のミニ休みでシカゴに来ています。例によって現地3泊のコースですが。
 シカゴは昨晩深夜の大雷から雨でしたが、昼過ぎから持ち直して、天気はなんとか。これからMLB観戦に出かけてきます。
 帰るとお盆すぎまで、結構激しく台湾と中国を行ったり来たりしないと行けないかもという雰囲気になってきていますが、果たしてどうなるか。
 8月末にとる休みは、オレゴン州でドライブ&ハイキングでスタンドバイミーをする予定になりました。

 さあて、もうちょっとしたら、ビールをぐびぐび。BudとかMiller以外の銘柄がおいてあると良いけど....。

   Takema  2008年7月20日(日) 17:26 [修正]
みいまんさんどうもです。

1回目のミニ休みですか。何回あるんでしょう?(笑)。

わたしは来週火曜日から1回目、いや1回しかないんですが
ロング休みに突入です。レンタカーで3ヵ国をめぐり、
ワインをぐびぐびと飲んできます。
個人的に最高高度のバンジーにもチャレンジする予定ですが、
600km近く走らなきゃいけない日もあるんだよなぁ‥。

 槍ヶ岳  SL  2008年7月13日(日) 14:45
[修正]
Takemaさんこんにちは。
急遽金曜に休みが取れ、そのまま新穂高へ。槍平小屋に一泊しての挑戦でした。
夜中に土砂降りでしたが雷鳴も聞こえてましたので、明け方にはあがると勝手に判断。さすがに朝は稜線がガスに隠れてましたが徐々に天候は回復。
肩に出てようやく槍が姿を現し、いよいよ穂先へ。
何も見えなかった展望が少しずつ晴れ、笠、北鎌尾根、常念もはっきり見えました。
まさに十字の尾根の交差点に聳える塔ですね!
よし、これで今年の悲願はひとつ達成。お盆は高天原か、はたまた東北温泉ツーリングか・・?
これでも現役温泉ライダーです(^-^;

   Takema  2008年7月16日(水) 21:00 [修正]
こちらもお返事が遅くなりましてすみません、SLさん。

メールで詳細を伺いましたが、槍平から槍への直登ルートですか!
あそこ(飛騨沢)はわれわれ夫婦が下りルートに使った道ですが、
「ここを登りに使いたくはないなぁ」というのが正直な感想でした。

でも確かに夏の盛りでも利用者はそれほど多くなく、
そういう意味では穴場かも知れませんね。クロユリも咲いてましたし。
あ、ずいぶん前のページがあるのを思い出しました。

ttp://achikochi.takema.net/kita2000-shinhodaka.htm

お盆ですが、もし高天原に行かれるのであれば、往復のどちらかを
大東新道経由にしていただいて云々。
古い資料によると右岸に流れ込む小沢(または伏流になっているのかも、
もしかしたらそんな地形でもないかも知れませんが)を溯ったところに
適温の源泉がという情報があります。

今なお湧き出ているかも知れませんが、わたしがネット検索した限りでは
全くヒットしない、真の幻湯です。
あのエリアであることはとある文献から確かなので‥。

 幻の湯  SL  2008年7月17日(木) 12:16 [修正]
む?その幻の湯とは?薬師沢小屋をベースに云々・・というやつですかな?右岸に流れ込む沢・・ってことは、AからEのどれかの沢?
小屋の主人なら情報知ってるのかな?
北アの秘湯では、魔の水平歩道から黒部川を右岸に渡り、さらに沢を詰めていった先にも湯があるらしい・・。こりゃ出所がQたろうさん曰く、「完全な沢屋さんネタ」なのですが、全く自信がありません・・。
それより知りたいのは、高天原へ向かう登山者の、温泉を目指す人と純粋に山を目指す人の比率ですね(笑)
お盆はやっぱり込むのかなぁ?
ところで、槍平から槍への飛騨沢ルートは言うほどでもないですよ。
すれ違う人は多くないものの、皆玄人とお見受けしました。
中でも、行く先々で全く同じ人を休憩中に抜いたり抜かれたりという状況があったのですが、前日槍平の小屋には自分ひとりしか泊まってませんでしたし、キャンプ地にもテントはなかった・・。
ということは、新穂高から一気に槍の穂先に立って、その日のうちに新穂高へ下りた、ということになります・・。
飛騨沢の中腹で下から来るのが見え、頂上でお互い写真を撮り、槍平で追い越し、白出沢で抜かれ、穂高平のショートカットで追いついた・・。間違いない、この人日帰りだ・・。まさか?現代の加藤文太郎?(^-^;

写真は槍を挟んで対峙しているように見えた東西の大関、笠と常念。いつか挑戦させていただきます。

   Takema  2008年7月19日(土) 15:26 [修正]
飛騨沢、自分が行ったときは疲れていたからかな?
槍の方でテントを撤収して新穂高まで降りただけなのに
後半になってえらく疲れた記憶があります。

幻の湯なのですが、支沢沿いなのか、それともそうではないのか、
全く不明ですが、かつて鉱山の現場事務所があったそうなので、
そんなに本流から離れてはいないでしょう。
ただし何十年も前の情報です。
でも、事務所が廃墟になったあとも源泉は出ていたといいますから
自噴泉であるのは確かかも?

沢屋さんネタはわたしもおっかなくて手が出せません(笑)。
ちなみに体力もガタ落ちなので、3泊4日コースを4泊5日で
回るのが無難かも知れません。
昔もそんなふうに歩いたこともありましたが、そういうときは
「早くテン場に着いてさっさと酒を飲みながら山を眺める」
というのが主旨でしたので、今とは違います(笑)。

 標高差  SL  2008年7月20日(日) 12:02 [修正]
Takemaさんおはようございます。
今週はおとなしく寝不足解消と体力回復につとめております。
肩から新穂高への下山は標高差で2000mあり、緩やかに見えた道でも相当に体力を消耗しましたね。
「3000オーバーから一気に下りるというのは負担がかかるものだ」とは、うちの顧問談。
ふだん近場の山でトレーニングをしているといっても、スケールが違いました。
山で行動を早めに切り上げるというのは体力温存とは別に、夕立や雷を避けるという観点からも有効ですよね。しかし、限られた時間とお金のやりくりになると、なかなかそうもいかないことも多い・・。
それらの問題をどう排除していくか?というのも今後の課題ですね。
さて、幻の湯のキーワードは鉱山・・。これはかなり信憑性の高い情報かも・・。が、沼尻のような廃墟があればまだしも、跡形もなくなっているような気が・・(^-^;


   Takema  2008年7月20日(日) 17:20 [修正]
わたしは久々にタンデムで銚子に行ってきました。
というのは、今日の予報では軽井沢なんかよりも
銚子の方が涼しいということでしたんで、避暑ツーというわけです。
確かに涼しかった、昼食で海鮮丼を食べたんですが、
食堂はエアコンを付けず窓を開けて自然の風を引き入れてました。
それで十分に涼しかったっけ。

下りは標高差もそうですが、やはり何日も縦走してきたり、
テントを背負っていたりすると、おもいっきり疲れますね。
これで終わりだと思うとよけいなのかも知れません(笑)。

たぶん現場は跡形もないと思います。
薬師沢小屋に連泊して丸一日探しても見つかるかどうか‥。
ちなみに自分は大東新道に行ったことがなく、
あそこから雲の平に上がったことしかないもので
状況は全くわかりません。

帰ってくるにつれてぐんぐんと

 VINGT MILLE LIEUES SOUS LES MERS  Okei  2008年7月10日(木) 20:58
[修正]
新しいホームページを作り始めたんだけど、2年間も使ってないとホームページ・ビルダーの使い方を忘れてる・・・。1級資格保持者であるにも関わらず。ダメじゃん(T_T)。
写真の整理も全然進んでないし、イラストもまだ描いてない。いつ公開できるかわからない状況。

・・・なんてどーでもいーけど、最近ジュール・ヴェルヌの「海底二万里」を読みました。子供の頃に児童書で1度読んでるんだけど、150年くらい前に書かれた冒険小説なのに(ツッコミどころ満載なのも含めて)結構面白い。さぁ、次は何を読もうかな? そーいや最近は冒険小説って聞かないね〜。
Takemaさんなら今までの体験をベースにして書けるんじゃない?(^o^)

   Takema  2008年7月11日(金) 17:18 [修正]
HPB、V3.0から使っている割には、3.0レベルの機能しか
使っていないTakemaです。それでいいんじゃないかと。

ブログ数は日本が世界一ということですが、非アクティブ数も
たぶん同じく世界一、みんなに乗ってみんなとおんなじに
飽きてやめちゃうのが日本人的気質なんでしょうね。
だからOkeiさんのこの時期での復活は何よりです。
わたしも今のところは閉じるつもりもないし
ブログも始めるつもりもないし。とにかく継続こそ力だと思っています。
というか、自分にはそれしかないし‥。

海底二万里、子供の頃から書名だけは存じていましたが、
いまだに読んだことがないんです。
じゃ、アフリカに持っていけば‥いやまた荷物が増えるだけか(笑)。
よほどのことがない限り短期の旅行で文庫本は読みませんね(普通)。
あ、前回のラオスでは「項羽と劉邦」を読んでいたっけ(笑)。

わたしはフィクションというかつくりごとが苦手なんです。
だから小説も好きではないし映画も駄目、ドラマに至っては
もういやでいやで(笑)。
ついでにいえばアイドル系の出ている番組も子供の頃からダメでした。
たぶんひねくれてるのね、いやもうこの年齢になると間違いないか(笑)。

 白戸家のお父さん  Okei  2008年7月11日(金) 18:55 [修正]
ボクもブログを始めるつもりは(当面は)全然なし。なーんかブログって、毎日更新しなきゃならないイメージがあって・・・(^^ゞ。

「海底二万里」・・・文庫本で読んだんだけど、分厚いっす。600ページくらいあった。ちょっと旅行には持って行きづらいなぁ。持ってっても読みきることはなさそう。

Takemaさんはフィクションが苦手なんだぁ。ボクは子供の頃からよく本を読んでだから、そーでもないけど。でも映画は100%フィクションのヤツを観るのは少ないなぁ。21世紀になってから映画館で観たのは全部ドイツ映画で、そのうち半分は史実をベースにした映画だった。最近のドイツ映画はそーゆー映画多いよ。

母のPCがおかしくなった。Windows XPをアップデートしたら起動しない。仕方がないのでWindows XPを入れなおそうとしたらプロダクトキーがどっかにいっててインストールできない。これまた仕方がないのでリカバリCDを使ってWindows Meを入れる。すると今度はウイルスバスターがMeのサポートを打ち切ってたので、Meに対応するバージョンのウイルス定義更新すらできない・・・。
この国は古い製品に対しての仕打ちが酷い・・・(T_T)/。

   Takema  2008年7月16日(水) 20:42 [修正]
レスが遅くなりまして失礼しました。
ようやく今日になって仕事が一段落しましたんで、
新しいページをアップした次第です。

わたしも読書は好きだったんです。中学生の半ばから大学卒業、
さらに最初の職場を辞めるまで、通勤には常に新しい本を
持ち込んでいました。でも分野に思い切り偏りがあって、
ノンフィクションや新書、そしてごく一部の日記採録ばかりでしたね。

うちにもWin98マシンが現行機の真横にあり、ネットワークにも
接続されているんですが、さすがにウィルスバスターが対応していないんで
普段は立ち上げませんです、はい。

普通に動くうちにサブマシンとするのが得策‥って、それこそ無駄ですわな!

 ちぃにぃさん経由  SL  2008年7月9日(水) 19:47
[修正]
Takemaさんおばんです。
ちぃにぃさん板での問題の回答、個人的見解はメールにて送らせていただきましたのでお納めください。
まぁワタクシ的にはかなり楽観的にかまえております(^-^;


   Takema  2008年7月9日(水) 21:24 [修正]
こちらもメールしました。
また某氏にもメールを送りましたので、あの掲示物の詳細が
もう少しわかれば嬉しいなと思っています。

基本的には導湯管がある以上道そのものがなくなることはあり得ません。
ただ、これだけ多くの人が入るようになると事故が起きたときの
ことを考えて‥というのが第一だとは思います。

ただもし「立入禁止」に全区域が指定されているとすれば、
もうわたしは行かないと思いますが。
たのむ、橋の奥側(より危険なエリア)だけにしてくれー。

 排水口  アマちゃん  2008年7月7日(月) 16:46
[修正]
どうも初めまして。
6月8日はいいところへ行かれていますね♪
毎日暑くて、ここは気持ちいいでしょうね。
画像見てたら、飛び込みたくなります。
ここでなく、奥の沢は湯加減どうなんですか?
知ってましたら教えて下さ〜い。


   Takema  2008年7月8日(火) 17:00 [修正]
アマちゃんさんこんにちは、はじめまして。

6/8って‥ああ、あそこですね。場所をご存じなのでしょうね。
ぬる湯なので確かにいいかもしれません。その変わり目にしみますが(笑)。

奥の沢って?どこのことでしょう?
あちこちにありそうな沢名なので特定できません(すみません)。

もしわたしが場所をぼかしている湯の場合は、
恐れ入りますがメールでご質問下さいませ。
ただし「直接のお知り合い云々‥」という但し書きがある場所については
お答えすることが出来ません。不悪。

 排水口  アマちゃん   2008年7月9日(水) 12:57 [修正]
こんにちは。
6月8日に行かれたところは、PH1.7で、温度は30.9度(H18年)ですよね。

奥の沢って1箇所しかないと思いますが......
ひと山奥って表現がいいのですかね?
6月8日に行かれたところを下り、右に折れる沢です。
この沢は、PH1.9、温度は16.3度(H18年)なんですが、この沢の一番奥に行く前に、若しかしたらいい湯加減のところがあるかな?、6月8日に行かれたところより、その沢のほうが成分は濃いようなんで、どうなのかな?と思いお聞きしました。



   Takema  2008年7月9日(水) 16:28 [修正]
うわぁアマちゃんさん、わたしよりはるかにいろいろとご存じの方のようですね。
大変失礼いたしました。

実は「奥の沢」ってどこなのか、あの周辺では全く存じませんでした。
何たって最初に思い出したのが那須山中の同名沢でしたから(苦笑)。

地図で見ると、1.5kmくらい下流で北側に分岐する急な沢のことでしょうか。
だとすると、これはなかなかに本格的な探訪ということになりそうですね。
しかし温度が16.3度というのはかなりキビシイですね。
遡行して温度が上昇するのを期待するしかないのでしょうが、
傾斜がそこそこありそうですからそれこそザイルがあった方がいいかも‥。

というわけで、わざわざお教え下さりありがとうございました。

 今さらながら  Takema  2008年7月9日(水) 21:19 [修正]
わかりました。

場所をぼかす関係上、下流から遡行と読めるような書き方をしたんです(ネタばらし)。
実際は急斜面を直降しております。だからザイル持参だったんです。

 今日はお休み  SL  2008年7月6日(日) 12:44
[修正]
Takemaさんこんにちは。
今日は暑いですね!あまりにも暑いし、山は雷雨も予想されるのでこの土日はインドアライフ、昼からビール!(^-^;
とはいえ、カッパに防水スプレーをかけたり靴を洗ったりと、全く何もしてないわけではありません。モンキーで買い物行くのも趣味といえば趣味。
ガソリン満タンにして燃費を計ったら、リッター38キロ。これ、意外とよくないんですよ。どんなに回しても40オーバーだったのですが・・。
来週以降は秩父の低山トレーニングはしばらくお休み、条件次第で富士山へ高所トレーニングに行こうかと。とりあえず、酸素缶は買ってきました。出番がないことを祈りつつ・・。

   Takema  2008年7月6日(日) 17:38 [修正]
わたしも昨日は出勤、今日は自宅で持ち帰り仕事でちまちましてました。

あ、先月使った軽登山靴はおしんこどんが洗ってくれたし、
カッパはそのままだっけ、まぁそんなにへたれてないからいいかな。

>ガソリン満タンにして燃費を計ったら、リッター38キロ。

あのー、うちの二輪は街乗りだと10km/lを切るんですが‥(苦笑)。
でもガソリンが高騰するぶん道が空きそうなので、遠乗りは楽しみたいです。
SLさんからご教授いただいた長靴必携の場所にも行ってみたいなぁ。

 楽しいキャンプ  おにいちゃん  2008年6月30日(月) 15:17
[修正]
先日、初めてのオフキャンプに参加させて頂きました。
おとう、てっちゃん、・・・もちろんTakema、ありがとう!
また、次回もお誘い下さい。
とってもとっても楽しかったです。

ps:あのあとTakemaの家で散々飲んだ後、また飲みに行きました。
お好み焼き「○にわ」とかカラオケバー「○エリア」とか梯子して
月曜日から二日酔いです!なんてお馬鹿でしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   Takema  2008年6月30日(月) 20:40 [修正]
いやはや、集まった人たちにあまりにも鮮烈なインパクト&印象を残しましたね(笑)。

ここでは品名を伏せますが「アレ」はまさに大好評でしたね。
ありがたいものをお譲りいただきありがとうございます!
しかしこれでまた「キャンプにバイクで参加」の道が遠のいたかも?(大笑)。

しかし、まさかあのあと飲みに行くとは‥(唖然)。

   おにいちゃん  2008年6月30日(月) 21:05  Mail [修正]
いやはやっ!
ここまで来たらちょっと挨拶しようと寄ってきました。
だけど、天井知らずのお馬鹿のん兵衛は止まりませんでした(笑)。
2件目は恐ろしい店で(中笑)閉店が33時と言う訳の分からない時間です。いつ帰ったんだろう?
でも、朝はいつもより少し遅かったくらいで、仕事に行きました。
信じられません(大笑)。

   Takema  2008年6月30日(月) 23:01 [修正]
閉店が33時って?

今になって後悔しております。あそこで「おにいちゃんに中休み」を
させたことで「復活」を促してしまったことを(笑)。

おにいちゃんの奥さまも「参加待望論」が出ておりましたので、
来年のTakemaオフはよろしくお願いいたしますね!

 思った通り・・・  おにいちゃん  2008年7月2日(水) 23:37  Mail [修正]
例のキャンプをアップしてしまいましたね!
いつ出てくるか楽しみに待っていました!
知らないぞ、今度から「樽」は何リットルになるのかな(笑)
絶対バイクじゃ行けない(大笑)他人事だし(爆笑)

10年物とは言え、バイクで言えば年式は古い物の走行5,000Km位の中古車。
そして5年前に一度、各ワイヤー・チューブ関係を交換しエンジンの分解掃除を行い、この度ラジエターとキャブレターまで分解洗浄した車両です。しかもバッテリーレスのエコバイク。
訳分からん(笑)、大事に使って下さい。

今度からは、必ず誘って下さいねえ!



   Takema  2008年7月6日(日) 17:34 [修正]
返信が遅くなりました。今日は仕事と畑仕事?とのんびりの
三者並立でしたが、ようやく終わったぞー。

サーバーはそれこそ新品と見まごうばかりの美品でした。
これから出来るだけ、そして大事に使わせていただきます。
とはいえ、まだ計画は立てていないんですが‥アフリカが終わったら‥。

 ちょっと計算外  Okei  2008年6月29日(日) 22:40
[修正]
コンパクトデジカメのメモリーカードを128MBから2GBに新調しましたよ。いやぁ〜、高画質での撮影枚数が飛躍的にアップしましたわ(^^)。でもひとつ問題が・・・。
5年位前のカメラなんで、将来の大容量化まで考えられてなかったのか、カメラ起動時のカードチェックに時間がかかり、撮影可能(もしくは再生可能)になるまで15秒くらい待たなければならないことに・・・。
うーむ、コレはそろそろ新しいカメラを買えという、天のお告げか?
このカメラ、デザイン的に気に入ってるんだけどねぇ(^^ゞ。

   Takema  2008年6月30日(月) 20:29 [修正]
Okeiさん、どうもです。

メディアの大容量化&価格低落はありがたいんですが、
既存のソフトやハードがついて行けないペースなんですよね。
職場のPCも、2GBのSDを認識することが出来なくて困ってます。

うちのデジカメは今年になって買ったものなんで最新に近いです。
でもわたしはあまりメディアそのものの耐久性を信頼していないので、
あまり大容量のものは買いたいと思いません。
過去にもモンゴルほかでデータを読み込めなくなったことがあるので
現在所有のカードも1GBが最大です。被害は最低限にしたいんで。

夏はB5ノートを持っていきます。盗難には十分注意しなければ。

 ダントツ  Okei  2008年6月30日(月) 22:28 [修正]
ふむぅ。確かに。
ついでに言っとくと、新しいXDカード(オリンパス純正のメモリカード)だと、ウチのノートPCの内臓カードスロット使えんみたい。一応認識はするんだけど、カードに保存した画像をカメラで再生しようとすると「フォーマットするように」なんてメッセージが出てくる。仕方ないからケーブル接続でデータ転送することに。

まぁ、普段はそんなに撮影しないから、カメラ付属の16MBカードを使うことにします(128MBのは同じオリンパスカメラを買った母に上納したんで)。

で、今回の写真は、先日ウォーキング中に見つけたツバメの巣。雛は大きくなってるけど、それでもカワイイ。昔テレビで放送されたダイハツのCM「ダイハツがダントツ〜!」を思い出します(^v^)b。

   Takema  2008年6月30日(月) 22:58 [修正]
そうなんですよね。ハードが受け入れてくれないって最悪です。
だったら「とりあえずOKのメディアで何とか」という感じです。

でも、「ダイハツのCM ダイハツがダントツ〜!」は存じません。
さては関西圏限定かも?

 満期金  ぽから篤  2008年6月28日(土) 22:03  HP Mail
[修正]
ありゃ〜! これは嬉しいボーナスですね〜☆
予定していなかった突然の収入って、喜びも倍以上ですよね。
しかも、これだけのまとまった金額ならなおさらですね。
きっとバブル期で利率の良かった頃の保険だったのでしょう。
お母さまに感謝ですね。
Takamaさんが羨まし〜ぃ!

夏は南部アフリカですか!?
こりゃまたエライ場所に…
まぁ、Takemaさんらしいですが… (^o^)

   Takema  2008年6月30日(月) 20:15 [修正]
ぽからさん、どうもです。

何だか自己満足ネタなんで公開は一瞬憚ったんですが、
やっぱり黙っていられないウェブマスター魂ということで‥。

南アフリカ国内の手配は現地の旅行社と折衝してきたんですが、
かれこれ20回くらい英文メールでのやりとりというのは疲れました(笑)。
でも、レソトもスワジランドも南アで借りたレンタカーでそのまま
入国できてしまうというシステムにびっくりしております。

それにしてもジンバブエは大丈夫なんだろうか‥。

 沼尻〜安達太良  SL  2008年6月27日(金) 18:58
[修正]
Takemaさんこんばんは。
明日は常念〜中房を職場山岳会顧問とやる予定でしたが、梅雨前線の動きによっては緯度をより北に、経度をより東にとるということで沼尻〜安達太良に行き先変更(^-^;
顧問は八ヶ岳〜本沢の経験はあるものの、沼尻なんかにいきなり連れてった日にゃぁどんな顔をするかが見ものではあります。
というより、自分が沼尻に行きたいだけ?(^-^;

   Takema  2008年6月27日(金) 20:04 [修正]
SLさん、どうもです。

何となく勝手に「最後は安達太良になるんじゃないかな?」と想像していました(笑)。

ということは沼尻側から往復?いや、でもそれじゃ「山メイン」としては
面白くないだろうから鉄山経由の周回路ということでしょうかね。

間違っても往路に元湯に立ち寄らないようにご注意下さい。
顧問の方がコーフンしすぎて登山どころではなくなる可能性が(大笑)。

 間違えました  SL  2008年6月29日(日) 16:27 [修正]
Takemaさんこんにちは。ただいま帰宅です。
沼尻は登山口から30分もしないうちに着いた極楽?と出されたビールに顧問は絶句(笑)
山としては事実上の快晴でした。沼の平の偉容に圧倒されながら登り、登頂後は鉄山経由。尾根から一気の激下りは、登りに選んでいたら相当へばっていたでしょう・・。
旧沼の平コースの入り口付近からは赤っぽい水がよさげな水たまりを作っています。湯温さえあれば・・と思うところですが、舐めると変な酸っぱさを感じます。
こんなのでも入れば1湯?いや、やっぱりなにかが違うような気がする・・(^-^;

   Takema  2008年6月30日(月) 20:02 [修正]
おつかれさまでした。

わたしは群馬某所にいたのですが朝から間断なく雨が降っていました。
でもさすが緯度が高い分雨はなかったのですね。うらやましい‥。

>こんなのでも入れば1湯?

うーん、人間の「尊厳」を取るか「欲望」を取るのか悩むところですね(笑)。
でもやっぱり僅かでもぬくみがなければ入らないのがわたしの基準のような気がします。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107
全 4936件 [管理]
CGI-design